シャイニージョンヒョン

シャイニージョンヒョンをきっかけに「K-ポップの陰」生活の質よりも、競争と成果中心の社会

(ロサンゼルス=連合ニュース)オクチョル特派員グォンヒェジン記者=「韓国の芸能産業は強い圧迫で有名である。まるで「ハンガーゲーム」を作り出すようなものです。」

米国の主要メディアが19日(現地時間)先を争ってシャイニージョンヒョンの死亡をきっかけにK-ポップ産業の場合の問題点を提起した。

芸能媒体バラエティは韓国の芸能産業が残酷なほど強い競争構造になっていると、これを生き残りのために戦う映画「ハンガーゲーム」に比喩した。

 

ハンガーゲームに似た韓国芸能界

受電コリンズのSF小説であり、シリーズ映画でも製作されたハンガーゲームは、
将来の社会の中で12〜18歳の少年・少女たちが一人だけ生き残る生存競争を繰り広げる内容だ。

才能を持った多くのアイドル志望者が企画会社の徹底した管理の中に練習生として
厳しい訓練を受けて激しい競争を経てスターに誕生するK-ポップアイドル育成システムがこの似ているというのだ。

バラエティは「私の中から故障した。ゆっくりと日かじる食べ落ち込んは、
最終的に私を入れて三オンになり、私はそれを倒すことができなかった」と書いた
ジョンヒョンの遺書を紹介した後、韓国のスターたちは、すべての仲間が候補となって
ひたすら強者のみが生き残る競争に追いやられていると解釈した。

バラエティは1996年に自殺した歌手ソ・ジウォンから
歌手ユニ、タレントチョン・ダビン、チャン・ジャヨンなどを例に挙げ
スポットライトで遠ざかっていくことの恐怖、ファンの否定的な反応、
芸能産業の暗い場合など、さまざまな理由で自ら終わりを選ぶスターたちが相次いでいると指摘した。

この媒体は、ジョンヒョンの選択を明確に説明することはできませんが、
K-ポップの華やかな前面後陰に隠した死角が存在するという点を示していると診断した。

日米間ワシントンタイムズ(WP)とロサンゼルス・タイムズ(LAタイムズ)は、
経済協力開発機構(OECD)の平均を上回る韓国の高い自殺率に注目した。

WPはジョンヒョンの死亡が全世界のファンにとって精神的健康の問題に注目するきっかけとなったと
2015年韓国の自殺率は人口10万人当たり30人に迫るレベルでは、OECD加盟国の中で1位とした。

LAタイムズも「Kポップスターの死が韓国芸能界の問題に注目を集めたタイトルの記事で、
「派手で若い音楽産業で世界的な名声を得た韓国は先進国の中で最も高い自殺率という汚名も抱えている」と伝えた。

どの国や似たような原因があるが、第2世代で貧しい農耕社会では、
世界13位の経済大国にそびえ立つ韓国はちょっと別の問題があることが専門家たちの解釈である。

所得不均衡と個人や生活の質ではなく、競争と成果の価値を置く
社会的雰囲気と名誉毀損の危機に瀕したときの屈辱を耐え、
よりいっそう死を選択する考え方が主な原因で観測される。

ニューヨークタイムズ(NYT)はジョンヒョンの知らせと一緒に彼が残した遺書を詳細に紹介した
「Kポップでユニーク地位を占めていたアーティストを失った」と評した。

Kポップコラムニスト、ジェフベンジャミンは煙やファッションなど
他の分野で活動領域を広げる他の歌手たちとは異なり、
ジョンヒョンは歌手、作曲家、プロデューサーとして音楽だけに集中したと明らかにした。

また、ジョンヒョンが属するシャイニーも5メンバーが長い期間解体せずに
一緒に活動したと "シャイニーは、既存のルールから抜け出す例外が存在」と語った。

本文は韓国メディア国家基幹ニュース通信社の記事を翻訳し加筆修正したもの

 

いつも私たちを幸せな気分してくれる韓国アイドル達
韓国芸能界のありかたが変わり健全になることを祈るばかりです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事